深見東州(半田晴久)氏はこどもの頃からまれに見る素直な子であった|「ワールドメイト実態」の嘘

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

深見東州(半田晴久)氏はこどもの頃からまれに見る素直な子であった

2012-02-09

    深見東州氏は、もと日本一の酒樽屋にまでなった家系の七代目であったとのこと。ときおり、深見氏の名誉を貶めたい若干の人々が、深見氏を「在日」「チョン」などと差別的発言によって揶揄していることがありますが、これはまるきりのデタラメであることがわかります。 出生も特に秘密にもされておらず、家柄も、上流とはいわないまでも、中流階級の上層あたりであったことは推察されます。

    日本文化に広く精通していながら、かつ欧米や広く海外でも評価されている、深見東州氏のグローバルな文化性は、独特の異国情緒あふれる神戸や優雅な芦屋にほど近い西宮という地域で、幼少の頃から自然と育まれていたものかもしれません。

    また、深見東州氏は、子供の頃から希に見る素直な子であったといいます。ワールドメイトでは「素朴で素直が神一厘」という教えがありますが、神一厘の素質を備えていた子であったということが言えるでしょう。

関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://worldmatedata.blog.fc2.com/tb.php/28-5468c8b2

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。