分派活動の一環として起こされた"いわゆる"セクハラ裁判|「ワールドメイト実態」の嘘

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

分派活動の一環として起こされた"いわゆる"セクハラ裁判

2011-10-24
ワールドメイトを知る人の間では、セクハラ裁判なるものが、分派活動の一環として起こされたことは、今や周知の事実であろうと思います。
深見東州氏が、15歳から神の道に生きると決意し、生涯不犯を決意しているのは有名な話です。

それなのに、中途半端に女性の身体を触るなどということをするはずがありません。
深見氏にとって、他人に触れ続けるということは、霊的苦痛以外のなにものでもないと思います。

ぜったいに、他人の身体を触るなどというような霊的苦痛を自ら進んでするわけもないのです。

未だに、"いわゆる"セクハラなるものがあったと、一方的に決めつけて中傷する人物がたま〜にいますが、少し調べれば、ありえないことであるのがわかるはずです。

分派活動の首謀者が女性陣の決起を促して、セクハラ裁判なるものを起こし、係争中に、とんずらして女性陣を裏切ったというのも、知る人ぞ知る話です。


"司法筋によると、深見氏は訴訟内容そのものについて全面否定したという。
「深見さんの性格からして、少しでもやましいところがあれば全部否定はできない。いわゆるセクハラの事実もなかったし、訴訟そのものの動機と目的は嫌がらせとお金目当てと見て間違いないな」(OとY両嬢を知る元ワールドメイトスタッフ)
 ではなぜ、深見氏側は横浜地裁の勧進に応じてなおかつ請求額より多い解決金を支払ったのか。ワールドメイトと宗教家・深見氏を知るジャーナリストの一人は、こう解説する。
「あれは慰謝料じゃなくて、まったく別の意味があると私は見ている。深見東州という人物は既存の宗教家の中ではユニークな存在で、なによりまず相手の事を第一に考える。原告二人の女性を考え、さらに経済事情を考え、相手方の弁護費用分として解決金を支払ったのでしょう」
 また、深見氏を知るワールドメイトの元幹部と元スタッフはこう証言する。
「深見さんは常日頃『ボクはあくまで宗教的な道を行く。その宗教的な道とは愛情と真心である』と言っていますからね。今回のセクハラ訴訟では、それを実践したんでしょう。一般の人間はなかなか理解ができないことですが、たとえ金銭的には損失となっても、宗教的な道を選択するというのが深見東州の宗教家としての良さなんですよ」"(『ゼンボウ』 平成6年2月号)

関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://worldmatedata.blog.fc2.com/tb.php/23-3e01d4e4

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。