ワールドメイトの分派活動首謀者の残した、決定的な証拠|「ワールドメイト実態」の嘘

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ワールドメイトの分派活動首謀者の残した、決定的な証拠

2011-10-18
ワールドメイト分派活動首謀者が村田氏であったという決定的な証拠があるそうです。
これは、「村田氏がワールドメイトで展開してきた背信行為と分派行為を裏付ける決定的な証拠」ということです。この時期に起きた、あらゆる訴訟は、村田氏の部下が原告であったり、村田氏に関わりのあった人であったそうです。ですから、分派活動の終息とともに、訴訟も終結したということです。


"村田氏が去って数日後、ワールドメイト長崎支部のごみ箱の中から、村田氏自筆の二通の手紙のコピーが発見された。なかなか見事な筆跡でしたためられたその二通の手紙は「丘叡」なる人物に宛てられたものだが、その内容は「分派活動の現状を知らせる」ことと「対マスコミ策動の支援を請う」ことの二点が骨子になっている。皮肉にも、村田氏がワールドメイトで展開してきた背信行為と分派行為を裏付ける決定的な証拠となるものなので、一部抜粋して紹介する。

「丘叡大人
   同志 村田久聴拝
 さて、FAXいただきありがとうございます。しかし、二枚目が不着ですので、よろしくお願いいたします。
 組合が立ち上がり、女性陣の立ち上がりまで時間をつなげる予定です。何から何までお世話になりますが、今後ともご指導賜りますよう改めてお願い申し上げます。また連絡します」
「丘叡大兄
村田久聴拝
 ご連絡いただき有難うございます。具体的なお手配の速さに感謝申し上げます。
 さて、記者との打ち合わせは拙宅で行ないたいと思います。二月十六日、A・午前10月30分、B・午後三時―どちらかをお選びください。
※ 午後二時は拙宅より、貴兄ご指示のA社長にK君とともに電話を入れます。十七日にワールドメイトの組合(極秘)が立ち上がり、要求書を深見氏に手渡す予定。これが実際に実行されれば、まず仰天するはずです。カメラマンを待機できるといいんですが・・・・・・
 お願い
※ 社旗をお立てにならぬよう(車の場合)、丘叡大兄から記者諸氏へのご連絡をお願い申し上げます。有難うございました。
(追)組合の立ち上がりの日時がズレる可能性もあり微妙な段階です」
この手紙によれば、二月十六日にマスコミの記者と接触する予定になっているわけだから、まだワールドメイト在職中、正確にいえば顧問であったときからこのような分派活動を活発に展開し、ワールドメイトの深見東州氏の信用失墜を画策していたということである。"(『ゼンボウ』 平成5年7月号より引用)

関連記事
コメント:
明らかな証拠ですね。
[2011/10/23 02:22] | 鹿男 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://worldmatedata.blog.fc2.com/tb.php/16-4ac3a247

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。