ワールドメイトの分派活動首謀者が破壊活動を繰り広げて裁判が起こった(1993〜94年)|「ワールドメイト実態」の嘘

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ワールドメイトの分派活動首謀者が破壊活動を繰り広げて裁判が起こった(1993〜94年)

2011-10-16
1993年〜1994年 分派活動首謀者による破壊活動の一環としての裁判

1993年、村田氏がワールドメイトから退職する際に、相当数のスタッフを引き連れて、ワールドメイトとは別派の宗教をつくろうと企て、ワールドメイトの組織を破壊しようとした。その際、村田氏は、マスコミや東京国税局(マルサ)に、ワールドメイトや関連会社などが「4億円を隠している」という架空の筋書きを喧伝するなど、悪質なタレコミ情報を提供した。しかし、東京国税局査察部(マルサ)によって全国77箇所に2度の強制調査が行われても隠し現金も金塊も不正な証拠も一切存在しなかった。後に、分派騒動の首謀者ら自身が、真実でない情報を提供していた旨を記者会見で述べるに至り、1997年には東京地検も本件の刑事告発を見送って手を引いた。一説によると、村田氏らは、ワールドメイトを快く思わぬ勢力のバックアップを受け、反ワールドメイトの運動を大々的に展開していたということである。

このとき、村田氏の部下2名(うち1名は村田氏の秘書)が教祖にセクハラに遭ったという架空の筋書きをもとに、裁判を起こしたが、係争中に村田氏の所在不明となり、村田氏の部下2名が路頭に迷うという混乱が起こった。まだ若い村田氏の部下を気の毒に思った半田氏は、裁判官の勧めに従い、解決金を支払って裁判を終結させたという。
関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://worldmatedata.blog.fc2.com/tb.php/11-c72e0fba

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。